HOME>特集>室外工事となるリフォームで行いたい安心設計

目次

趣味を活かす

家族が思い描く住まいを具体的に考えた際、大阪では、室外工事となるエクステリアにも注目が集まっています。例えば、車が趣味、庭いじりが趣味、そうした場合、外まわりでもモノは増えてしまいますから、収納や上手なスペースの確保が期待されています。ペットや子育てでは、ドッグランや庭遊びもするでしょうから、水栓も引き込みたいものです。意外ではありますが、車を洗車したり、庭木の水やり、そうした外での作業に水栓を引き忘れてしまうことがあるといいます。足洗い場など、ペットにも配慮した機能を室外工事では行うことがあるようです。

POPなデザインの看板

ペットや小さなお子さんの飛び出しに注目したエクステリアリフォームが、大阪でも注目されています。いわゆるエントランスゾーンですが、玄関を出たら道路であることもあるでしょう。飛び出し注意となるPOPな看板の設置をはじめ、門扉でガードするなど、安全性のための室外工事も行われています。

暮らしを外に

ウッドデッキというエクステリアは、大阪の室外工事でも注目度が高いようです。テーブルや椅子を置いてアウトドアリビングとして、バーベキューやたこ焼きパーティーをしたり、人付き合いを大切にする地域性からも暮らしを外に広げています。

ペットルームをつくる

大阪でのエクステリアでは、庭に着目していて、庭から自由に出入りできる土間をつくったり、室内と室外の高さを揃えることで洗濯物を干せるサンルームのようにペットルームをつくることもあるようです。外には出せないネコちゃん、少しでも外の空気が吸えるスペースとして庭にペットルームを据えることがあります。